2017年4月3日月曜日

ヤマハのルーターでネットワークの設定にハマった件

中小企業で自前でネットワークを構築したり、大手で小規模拠点用に使うルーターとして、ヤマハのRTXシリーズといえば、そこそこ定評があると思う。
さて、そのルーターを使って拠点間接続の設定を行うのだが、ヤマハのルーターは初心者でも容易に設定できるように、WEB GUIを用意していて、ネットワークの仕組みを知らなくても、それなりに設定できてしまう。
で、同じヤマハのルーターの組み合わせだからと安易にVPN接続を設定してしまうと、何故か繋がったり、繋がらなかったりするのだ。
たとえばRTX1xxxシリーズとRTX8xxシリーズは微妙にコマンドの方言が違う。殆ど同じだが、RTX1200シリーズのconfigをRTX810にそのまま流し込んでも、思ったような設定にならない。
またCUIで設定後にGUIで設定すると、必要な情報が追記されなかったり、必要無い情報がConfigに残ったりする。
気付いてしまえば何と言う事は無い内容だが、同じ設定になると思い込んでるとハマる事になる。

今回ハマりかけたVPN接続については、当初拠点Aに固定IPが付与されていて、それに対して拠点Bから接続IDを用いてVPN接続していた。その後、拠点BにNetVolante DDNSを使用してDNSホスト名を取得し、双方の接続先設定を「ホスト名またはIPアドレス」に変更。
これを全くの新規で設定すると、「ipsec ike nat-traversal 1 on」という風にIKE NAT Traversalの設定が明示されるのだが、元の設定を訂正する形で入力するとこれが追記されない。
接続IDでの接続設定では、標準は「ipsec ike nat-traversal」は無記述となっており、パラメーターのディフォルト値はoffとなっているので、これを追記し、onにしなければVPNは正常に接続されない。もちろん拠点A,Bの双方がoffであれば、NAT越しでなければ接続される。
最初はRTX1200とRTX1210の相性なのかと思って、ルーターを交換したり、VPNの設定を新しく作ったり、訂正してみたり、ID接続やアドレス接続を試してみたりと、試行錯誤の連続。
そもそもGUIの設定を信用せずに、最初からCUIの設定だけを信用して、接続出来るパターンと出来ないパターンを検証すれば良かったのだが、GUIでの設定が楽すぎて、それの接続パターンだけで検証していたのが失敗だった。

VPNの設定は上記のたった一行の設定の有無で散々悩まされた訳だが、もう一つは更に意味が分からない。
拠点Aと拠点Bを結ぶのに、VPNとは別に専用線が用意されている。VPNは冗長回線で、本線は専用線側といった具合。
で、専用線は回線会社の仕様上は100Mbpsのハーフデュプレクスとなっているのだが、ルーターの設定は100Mbpsのフルデュプレクスに固定されていた。 そこで、これを自動判別に設定しなおしたところ100Mbps-hdxと仕様通りに接続される。
接続されたのだが、速度が極端に低下した。ルーターが悪さをしているのかと思って、専用線ONUに直接PCを接続しても速度は出ない。
よく分からないが、取り敢えず双方のルーターを元の通り100Mbps-fdx固定に設定し直したところ、速度は正常に戻った。 外に出て行く部分のよく分からないところは、素人がヘタに設定を弄らない方が良いらしい。
速度低下の原因が分かったところで、専用線ONUに接続されていたRTX1200をRTX1210に交換し、設定をそのまま移して接続したところ、速度が全く出ない。それどころか、少しずつ速度が落ちていき、最終的には専用線にはping(icmp keepalive)も通らなくなり、VPNも繋がらなくなってしまった。
仕方が無いのでRTX1200に戻したところ、通常の通信状態に戻ったので、専用線のONUに繋がるルーターの入替は諦めた。
RTX1200の代替え機としてRTX1210を用意しておきたかったのだが、こんな相性があるとは…
LANの接続に相性があるのは昔からネットワークを触っている人にとっては当たり前なのだけれど、ここ最近はあまり聞かなくなっていたし、まして同じメーカーの後継機種で相性が出るというのは…まぁ考えられなくも無いのか。
結局、平日土日の数日を潰して、得たものは上記の知識と経験だけだったが、まぁ何も得られないよりは良いという事で納得しよう。

ヤマハ ギガアクセスVPNルーター RTX1210
 
ヤマハ(YAMAHA)

 

ヤマハ ギガアクセスVPNルーター RTX810
 
ヤマハ

 

ヤマハ ギガアクセスVPNルーター RTX1200
 
ヤマハ

 

2017年3月2日木曜日

山本電気 精米機 MB-RC23W

我が家の食卓にあがる米は、実家から頂いてきたもので、その際には玄米で頂いている。

それを10kg毎に近所のJAに設置されている精米機で精米して使っている。 10kgの米を精米するのにかかる費用は100円なので、金額的には痛くもかゆくも無いのだが、先日、精米したての米が美味いという話を聞いた。
確かに精米したばかりの米を炊くと美味かったような気がするのだが、10kg消費する頃には、その時分の味に慣れてしまっているので、あまり気にならなかったのだ。

そこで登場するのが、今回の精米機である。価格は1万円以上するので、かかった費用を回収するのに、どれだけの年月がかかるのか分からないが、美味い飯が食べられるなら、この程度の出費は許容範囲(という事にする)。
寧ろ、この器具を入れた事によって発生する洗い物の増加と、「精米」という飯炊き工程の増加による手間が許容できるかどうかであろう。
ホームベーカリーでパンを自作したり、自宅で製麺して色々作ったり、餃子を皮から自作してしまうぐらいに、食に拘りがある家庭であれば、何ら手間ではないと思われるが、我が家はそれに該当しないので、米を炊く為に必要に迫られなければ、この機械が使われないのは間違いない。
以前は10kg入る米びつを使っていたのだが、精米機を使うようになって5合単位でしか精米しないようになったので、冷蔵庫に保管できるタイプの米びつを用意する事にした。少量の米を保管するには此方の方が便利なのだ。
 
一回の炊飯で2~3合消費するので、概ね2回の炊飯毎に精米作業を行っている。手間は増えたが炊飯の頻度からすると、気にするほどでもなく、手の空いた時間に玄米を5合セットして機械を数分動かすだけだ。
 
5合投入するとこんな感じになるので、透明の蓋をセットして、精米具合と量をセットして精米スタート。
 
米が入った金網のざるの中でペラが回転することで精米が進むのだが、なぜ精米されるのか、理屈がさっぱりわからない。 ちゃんと調べればわかるのかもしれないが…そういえば、小学生の時に読んだ「はだしのゲン」に一升瓶に玄米を入れて、棒でつついて精米しているシーンがあったような気がするが、あんな感じなのだろうか。
米が結構な勢いで攪拌されている様子を数分眺めていると、モーターが停止して精米終了。
 
1回の使用で米糠の受取皿がいっぱいになるが、本体から分離できるので清掃は容易。
 
自然派な方はこの米糠で何かを作ったりするのかもしれないが、精米する度にそこそこの量が発生するし、特に作りたいものも無いので、そのままゴミ箱行きとなる。

で、肝心の味であるが、比べる対象が無いので、正直良く分からない。味音痴だからなのか、使ってるのが古米だからなのか…少なくとも不味い事は無い。
この機械のメリットは精米の度合いを調整できるところだろう。上白米から胚芽米まで、色々と試す事ができるのは楽しい。が、それも最初だけで、今は[白米] [5合]で固定だ。
設定を一通り試した結果、「白米」が一番米研ぎの手間がかからなくて、美味いかなぁと感じたからなのだが、今食べてる古米の米袋を使い切ったら、また色々と試してみようと思う。
その頃には、新米の米も古米になってるかもしれないけど…

山本電気 家庭用精米機 MICHIBA KITCHEN PRODUCT 匠味米 ホワイト MB-RC52W
 
山本電気

 

HANBUN 米びつ 密閉 2kg 米ポット 冷蔵庫保存 容器 計量カップ付き お米 保存 容器 恒湿 防虫 HK002
 
青芒株式会社

 

2017年3月1日水曜日

廃棄パソコンがグレードアップしていく

パソコンを弄っていると知られると、色々なところから廃棄パソコンがやってくるようになる。
曰く「遅くて使いもにならない」「新しいのに買い換えた」「壊れて動かない」「使いこなせない」等々。
数年前までは、実際に本当にどうしようもなくゴミな物も多かったが、ここ最近はそこそこ使えるような物もチラホラとやってくるようになった。
実際のところ、Windows7世代のPCで壊れていなければ、メモリーを4GB以上にしてWindows10をクリーンインストールすれば、大抵は問題にならないレベルで動作する。
そんな感じで再生したPCは、使用環境の厳しい場所に再配布されて、本当に壊れるまで酷使される。

それはさておき、Core i7のノートPCの廃棄パソコンを入手した。
元の持ち主が言うには、「起動する途中で固まる。買った時から熱暴走気味で、裏蓋を外して使っていた」との事。で、いい加減煩わしくて新しいパソコンを買ったから、好きに処分してくれて構わないというので、有り難く頂いてきた。
とりあえず電源を入れてみると、なるほど、BIOSの起動すらままならない。 CPUやGPUの発熱が激しい割に、ファンがゆっくりしか回らない、もしくは完全に停止している。 指でファンを回してみると、もの凄く動きが渋いので、十中八九熱暴走で確定だろう。
なので、ヒートシンクにブロアーを当てながら起動してみると、memtestも完走するし、OSのクリーンインストールも問題無い。
しからば、ファンの交換で修理できる訳で、パソコンの機種名で部品を検索すると、ヒートシンクとファンがセットでアッセンブリーとなっていて、結構な値段で売られている。ヒートシンクに不具合は無いので、ファンだけ欲しいのだが…
とりあえず難燃性の布テープをカッターで切って、ヒートシンクとファンを分離して、ファンの型番を確認し、amazonで検索すると3千円弱で売られていた。発送元は中国のようだ。流石中国、何でも売っている。
早速注文したのが、2月13日で到着したのが2月25日。発送に時間がかかるのも、まぁ予想通り。

ファンを手で回してみると、スムーズに回転する。早速部品を取り付け。ヒートシンクとファンの隙間塞ぎ用のテープは、難燃性の布テープなんか持ってないので、カプトンテープで代用する。

カプトンテープは耐熱、絶縁性が高く、薄くてベタつかないから、色々と重宝する。粘着力は低いので、適材適所で使う必要はある。

元の持ち主がタバコを吸う方だったので、外装はIPAで拭き掃除。キーボードの隙間に挟まったタバコの葉とか灰は、アイソレーションキーボードなので、逆さまにして叩き落とすしか無いが完全には取り切れない。
裏蓋のネジは紛失されてしまったのか、貰えなかったので、手持ちのネジ入れから適当に使えそうな物を拾い上げて、使用する事にした。こういう事があるから、パソコンもバイクもバラして要らなくなったネジでも捨てられない。

HDDの代わりにBeebox-Sで使おうと思って置いていたSAMSUNGの850EVOを装着して、裏蓋を閉じれば修理完了。

Windows10をクリーンインストールすれば、元がWindows8の機種なのでプロダクトキーを入れなくても、自動的にアクティベートされる。
ドライバーは全てMicrosoftから自動的にダウンロードしてインストールされていく。こちらで何も用意する必要は無さそうだ。
そんなわけで、Beebox-Sに引き続き、我が家で最速のノートPCが完成した。しかもタッチパネル付き。
Core i7-4700MQ、PC3L-12800 16GB、タッチパネル付き 15.6インチ FHD TFT、NVIDIA GT745M等々。
   
こんなにハイスペックなのに、タバコ臭いという理由だけで、ガレージ常設パソコンになってしまうのが残念だ。タバコ臭いPCは部屋の中に置きたくないという点に於いて、猫のウンコと同じ扱いになってしまうのである。

絶縁耐熱テープ 10×33M 10-33
 
MonotaRO

 

2017年2月26日日曜日

怠け者仕様デスクトップPC

昨年末にひょんなことからASRockのBeebox-Sを入手したのだが、これに見合う部品が手元になくて放置状態だった。
放置している間に新機種が発売されていて、使わない間にCPUが一世代前のモノになってしまうという有様。

一世代前とはいえ、我が家では最新世代。CPUはCore i5-6200Uなどと大層な物を積んでいるので、使わないのは勿体ないというわけで、重い腰を上げて不足部品を調達する。
メモリーは我が家にあるPCの中では初のDDR4だ。これはBeebox-Sを入手した時に必要だろうという事で購入しておいた。
 
あとはSSDさえあればOSを入れて終了なのだが、NVMeにするか2.5インチ SATAにするかで大いに悩む。組み上げようと思った矢先にSAMSUNG 960EVO M.2の発売が年末ぐらいという発表があったからで、それほど急いで組む必要が無かったから、結局発売まで待つ事にした。
960EVOは発売してしばらくは御祝儀価格、その後も値段は高止まり気味だったが、最近は需給が安定したのか、少しだけ値下がり。とはいってもSSDが全体的に値上がり基調なので、むちゃくちゃ安いという事もない。
 

Beebox-Sの内部インターフェースはSATA、M2、メモリースロット、mini PCIeで、mini PCIeには最初から無線LANカード(intel AC3160)が刺さっている。 なので、メモリーとSSDを所定のスロットに刺して、蓋を閉じれば組み上げ終了。拡張性は無いに等しいが、下手なノートPCよりも簡単だ。

外部インターフェースは背面にDC in、HDMIが二つ、DP、LAN、USB3が二つ。前面にUSB3、USB3.1、IR。
 
ディスプレイ用ポートが3つあるが、実際に使えるのは二つまでで、DPとHDMIもしくはHDMIとHDMIの何れかの組み合わせとなるらしい。
筐体はプラスチックでintel NUCのような高級感は無い。触ると指紋がベタベタに付くので見栄えは気にしない方がよいだろう。
電源ボタンはintel nucのようなクリック感は皆無で、どこまで押せば電源が入るのか非常に分かりにくい。勢い押しすぎると、中のプラスチックの棒やらプラスチックのバネが折れてしまいかねないので、程々の力加減が必要。
ACアダプターは19V 65Wのものが付属するが、これの大きさが折角の小型PCをダメにする。なぜintelのNUC並に小さいものが用意できないのか。
ACアダプターの大きさはまぁ、辛うじて許容範囲だとしても、ミッキーコネクターのACケーブルがコストダウンの影響なのか、規格で決まってるからなのか、アホみたいに太くて長すぎる。嵩張って仕方がない。

アダプターの二次側で十分な長さがあるんだから、一次側なんか30cmもあれば十分だろう。
というわけで、わざわざその為だけに細くて短いACケーブルを購入する。

もう、ACケーブルは全部これにしてくれと言いたい。アース付きのケーブルなんか必要と思った奴が買えばいいのだ。
そんな訳で、もし予算と仕様が許すならば、ASRockのNUCを買うよりはintelのNUCを強くお勧めする。コンピューターの内容としては、普通に安定して動作するし、UEFIの設定もASRockらしくて面白いのだが、所詮NUCなどは実用PCなのだから、普段から目につくところや、触る場所、使い勝手は大事だよという事で。

モニターは自宅に存在するモニターで一番軽そうなのを選んで取付。
すでに絶版品のAOCのI2369VM AMV2369W0M-GP3Rという長ったらしい名前のモニターで、23インチのAH-IPS。HDMI×2、DP×1、VGA×1とやたらと入力端子が多いのが特徴。便利だし表示に不満もないのだが、妙にプラスチッキーで正面下のAOCのロゴが更にダサさを醸し出している素晴らしい一品。

自宅用モニターを買う際の基準の一つが「VESAマウントが付いている事」なので、Beebox-Sに付属するVESAマウントキットを取り付け、本体をセットする。

この取り付け方だと、HDMIケーブルは30cmあれば十分だろう。今回は手持ちで一番嵩張らない70cmのスリムケーブルを使用しているが、そのうち気が向いたら交換しよう。モニターのACケーブルの太さも気になるが、これもそのうち細いケーブルに交換したい。
OSはWindows10をクリーンインストール。1時間もかからずにOS、ドライバー、Officeなどの作業に必要なソフトのインストールは完了する。あとはボチボチとWindows Updateを手動で入れてもいいし、早く作業を始めたければ、OS任せにしても大丈夫だろう。
細かいチューニングはさておき、正味1時間ほどでクリーンインストールから実作業環境が整うとか、数年前に比べてもなんと素晴らしい事だろう。
個人情報をクラウドに投げてしまってるというデメリットはあるにしても、MicrosoftとGoogleの同期機能は非常に助かっている。逆に考えるとこれらのアカウントが流出すると超絶面倒くさい事になるのだが…そこはもう、個人レベルではどうしようもないし、自分の責任で流出させてしまった際は二段階認証に期待するしかないと、割り切るしかない。

そんなわけで怠け者仕様デスクトップPCの完成。
モニターに取っ手が無いので、少々持ち運びしにくいけど、本体とモニターがくっついている上に軽いので、容易に移動できる。 ノートPCみたいに画面が小さくないから作業領域もそれなりに広いし、最近小さい字を見続けていると疲れるようになってきたオッサンには程良い大きさだと思う。
電源が無いと使えないけど、どうせ自宅専用PCなので気にする事もない。
で、このPCセットは必要なのかと問われると微妙なところで、一時期よりは台数は減ったし、ダウンサイジングも進めたとはいえ、未だにデスクトップが4台、ノートが3台、窓タブ1台、それにiOSやandroid端末が複数台となると、一台あたりの稼働率は推して知るべし。 ここまで増えると実益は殆ど無いに等しいので、「趣味だから」と言い訳するしかないと我ながら思う。

ASRock Intel Skylake U搭載 ベアボーンPC Beebox-S 6200U/B/BB
 
ASROCK

 

BUFFALO 電源ケーブルDELL/HP用3ピンソケット(メス)⇔2ピンプラグ(オス)20cm BSACC0802BKA
 
バッファロー

 

Samsung SSD 250GB 960 EVO M.2 Type2280 PCIe3.0×4 NVMe1.2 V-NAND搭載 3年保証 日本サムスン正規品 MZ-V6E250B/IT
 
日本サムスン

 

Intel NUC Core i5搭載 小型PCベアボーン 2.5インチ M.2 SSD対応 BOXNUC6i5SYH
 
インテル

 

2017年1月30日月曜日

Cannondale Hooliganのタイヤ交換

A画伯用に購入したキャノンデールのHooliganだが、私とA画伯でほぼ半分ぐらいずつ使っている。 距離だけで言えば、8:2ぐらいで私の方が多く乗っていると思う。
で、そのフーリガンにA画伯が乗車していたところ、子供の飛び出しに遭い、それを緊急回避したところ、段差に前輪を取られて、転倒したとの事。
幸い大きなケガは無く、車体にもダメージは無かったのだが、画伯の運転テクニックでは標準で装着されている1.35×20のタイヤは細すぎて危ないのかもしれない。
 
フーリガンのデザインは細いタイヤでも太いタイヤでも破綻しないし、ここはタイヤを太くして、多少の段差や轍では転倒しにくいようにした方が良いのかもしれない。
早速タイヤを探してみたところ、シンコーのSR-076に1.75×20というサイズのものがあって、しかもリーズナブル。 よく考えたらDakota号にも同じメーカーのSR-064を履いているし、今のところ不満も無いので、コレをフーリガンに装着することにした。

このサイズに合うチューブも一緒に購入する。英式バルブのチューブは予備があるのだが、フーリガンのホイールは仏式バルブ専用。
ホイール幅が細いので、ちゃんとタイヤが嵌ってくれるか心配だったが、とくに問題なく取付完了。 タイヤにローテーション方向は書かれていなかったので、適当に組んだのだけれど、前輪と後輪でパターンが逆になってしまった。
 
後輪のパターンの向きの方が排水性は高そうな気がするけど、そもそも雨の日に乗る事も無いだろうから、気にする必要も無いかと、そのままにしている。
見た目的にはずいぶん太くなった。 乗り心地は空気の量が増えたので柔らかい。 少し接地抵抗は増えたかもしれないが、A画伯のスピードレンジであれば、気になる程ではないだろう。 20インチという小径タイヤなので、これで段差や轍からの影響が抑えられるとは思えないけれど、前の1.35幅のタイヤよりは多少マシになったと思う。

で、フーリガンに付いていたシュワルベのタイヤはまだまだ使えそうだったので、年末に我が家に寄贈された折り畳み自転車に装着する事にした。
標準で装着されているのは謎のブロックタイヤ(1.75×20)。

ホイールからそのブロックタイヤを外して、フーリガンのタイヤを装着する。 チューブも使いまわしなので、仏式バルブのチューブなのだが、折り畳み自転車のホイールは英式バルブ用なので、そのままではチューブがバルブ穴からはみ出してしまう。
 
そこで、バルブ固定ネジを完全に締めた状態で、ホイールに装着して、穴からチューブが飛び出さないようにしてタイヤを装着し、さらにもう一つのバルブナットで固定する。
 
今度は、フーリガンとは逆に幅の広いホイールに1.35幅のタイヤが嵌るのか心配だったのだが、これも特に問題は無さそう。 チューブ用のタイヤだし、自転車用タイヤの適用ホイール幅は結構融通が利くのかな。
(と思ったらETRTOサイズが1.35と1.75でたまたまxx-406と同じなだけだった。詳しくはサイクルベースあさひの解説ページにて
前輪のタイヤを交換する際に、ホイールを回してみたところ、全然回らない。ベアリングの玉押し調整が滅茶苦茶で、グリスも明らかに不足しているようだ。
頂戴してから全く乗っていないので、ベアリングレースに変な当たりもまだ付いていないし、削れも無いだろうから、今のうちに整備しておくのが良いだろう。 いくら安物の折り畳み自転車とはいえ、壊れるのが分かっていて直さないのは忍びない。
 
後輪はフリーをバラすのが面倒なので、今回はパス。
前後輪ともタイヤを交換して車体にとりつけると、それなりに様になった。
  
乗り心地は、先のブロックタイヤより断然良いのだけれど、車体が…というか全体的に色々とダメすぎて、ペダルを回しても全然速度が出ない。 ブレーキも激甘なので、むしろスピードは出ない方が良いのかもしれない。
そういえば、ホームセンターで1万円以下で売ってるママチャリとか、ドンキホーテとかで売ってる折り畳み自転車って、こんな感じだったなぁ… 

【Shin20-175B/SL】SR-076 小径車用スリックタイヤ 20x1.75 H/E ブラック
 
 

 

パナレーサー チューブ [H/E 20x1.50~1.75] 仏式バルブ(34mm) 0TH20-15F-NP
 
Panaracer(パナレーサー)